生徒1人ひとりの個性にあわせたきめ細かな学習を可能にする個別指導の中国語会話教室です。 台東区一番の中国語教室を目指しています。
新東海中国学院
 
TOP
中国語講座
韓国語講座
英語講座
日本語講座
パソコン講座
 
その他:
 
                             
給付金対象講座でお得に中国語を身につけよう
教育訓練給付制度とは、一定の条件(中央職業能力開発協会のホームページに詳しい条件が書いてあります。)を満たす方に、厚生労働大臣指定教育訓練の受講費用の一部をハローワークが支給するものです。

【給付金支給要件期間】

一昨10月以降 一律20%(最大10万円)になりますので、
給付資格について

 雇用保険の一般被保険者で支給要件期間が通算3年以上ある方雇用保険の一般被保険者であった方で支給要件期間が3年以上あり、かつ離職日の翌日以降1年以内の方

 基本的に「雇用保険の被保険者となって通算で3年以上」が受給の条件です。この場合、連続して同会社に3年以上勤めている必要はなく、転職していても、途中の空白期間が1年以内 であり、被保険であった期間の合計が3年以上であれば大丈夫で
ただし、初回に限り、支給要件期間が1年以上でも受給可能。

用件を満たしているかどうかは最寄のハローワーク(職業安定所)に照会すると確認できます。

 
新東海中国語学院給付金講座のQ&A
Q1 「教育訓練給付金制度」って何ですか?できれば活用したいのですが…
A1 働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険制度です。制度の利用にあたっては一定の条件があります。また、給付金制度指定講座にのみ適用があります。
Q2 転職をしていますが受給資格はありますか?
A2 雇用保険の一般被保険者であった時期が通算3年以上(初回のみ/満1年以上)で、その間離職していた期間が1年以内の場合は対象となります。ハローワークでお渡しする「教育訓練給付金支給要件照会票」によって、受給資格の有無を予め確認されることをお勧めします
Q3 現在求職中です。今は無職ですが受給資格はありますか?
A3 雇用保険の一般被保険者だった期間が3年以上(初回のみ/満1年以上)で、離職日から受講開始日までが1年以内なら大丈夫です。念のため、ハローワークでお渡しする「教育訓練給付金支給要件照会票」によって受給資格の有無を予め確認することをお勧めします。
Q4 出席率90%と聞きましたが、忙しいので90%の出席ができるかどうか不安なのですが
A4 教育給付金対象講座はご都合が悪い時、曜日・時間を変更できる振替制を導入しておりますので、ご安心ください
Q5 中国語は初めてなのですが大丈夫?
A5 給付金対象講座は 旅行の中国語コース、初級ビジネス中国語コース中級中国語会話コース上級ビジネス中国語コースですが旅行の中国語コースと初級ビジネス中国語コースの場合初心者でも安心のプログラムになっています。
Q6 教育給付金対象講を受講した場合、給付額はいくらですか。
A 旅行の中国語マンツーマンコースご入学金10,500円、教科書4,305円、受講料\360,000,合計374,805円ですが、最大20%74,961円が戻れます
初級ビジネス中国語マンツーマンコースご入学金10,500円、教科書3,675円、受講料\315,000,合計328,860円ですが、最大20%65,772円が戻れます
中級中国語会話マンツーマンコースご入学金10,500円、教科書5,230円、受講料360,000,合計375,730円ですが、最大20%75,146円が戻れます
上級ビジネス中国語マンツーマンコースご入学金10,500円、教科書5,860円、受講料\360,000,合計376,360円ですが、最大20%75,272円が戻れます
Q7 ビジネス中国語は難しい気がしますが、・・・?
A7 ビジネス中国語の確かに商売につながる専門用語はたくさんありますが、毎回90分のレッスンは15分間中国語での日常会話、20分間のヒアリング練習、15分専門単語の暗記、40分教科書の復習と学習なります。
プロの教師が
分かりやすく教えますので、どんどん質問して上達して下さい。
Q8
どうすれば、中国語会話ができるようになりますか。
A8
中国語での会話を上達させるには、教室での授業だけではなく、練習の積み重ねが必要。
中国語での日常会話で多く使われる単語を「暗記」する事が大事です。
文法の使い間違いは、最初は重要ではありません。
勇気を出して話しましょう。
会話が上達するための方法として、より多くの中国語によるCD・歌・テレビ・ラジオ・映画などなどを見聞きする事から始めましょう。(当教室では無料で中国語書籍、DVDを貸し出しています)
いろいろな中国語による文章も読みましょう。(当教室内には中国語新聞が多数あります)
復習ももちろん必要ですが、時間の許す限り毎日少しでも「中国語を読む事」を続けましょう。
 そして是非、その成果を試す「中国語検定」も受けてみましょう。(当教室で、模擬中国語検定試験が行えます。)

弊社は、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、お客様の大切な個人情報の保護に万全を尽くします.
Copyright 2002  Shintoukai Co,Ltd. All Rights Reserved.